So-net無料ブログ作成
アダルト ブログトップ

ポルノ解禁 [アダルト]

 ちょっと前のことになるが、安達祐美のお母さんがヘアヌード写真集を出すとかで話題になった。ヘアヌードって言葉も結構古いな、と思った。同時に、そんな言葉が流行り始めた頃のことを思い出した。10年くらい前だっただろうか。

 それより前の時代、ポルノ雑誌で少しでも陰毛が見えると、それは取り締まりの対象になっていた。ところが、あの時代を境目にして、雪崩を打ったように「ヘア解禁」になった。写真家の加納典明氏が「THE TENMEI」というヌード写真雑誌を出したのもこの頃だったと思う。結局、典明氏は暴走し過ぎて逮捕されたようだが、その対象になった露出度は、現在では普通になってしまっている。

 昔は違法で今は合法。でも、法律が改正されたという話は全く聞かない。誰がどんな基準で取り締まりをしているのだろう。根拠になっている法律を知りたいものだが、おそらく、その条文の中に「公開してはいけない性器の範囲」が図解されているとは到底考えにくい。そんな便所の落書きみたいな法律があったら、それはそれで面白いけど。なしくずし的にヘア解禁になったのは、結局、法律があいまいな表現をしているからだろう。(その法律を自分から調べてみようという情熱は僕にはないけど、誰か知ってる人がいたら是非教えて欲しいとも思う。興味がある)

 例えば、手とはどこからどこまでを言うのか。鼻とはどこからどこまでを言うのか。明確な定義はできない。同様に性器とはどこからどこまでを言うのかを定義するのは不可能である。陰毛を見せてはいけないという法律があったとしても、ぎりぎりの線を狙えば、うぶ毛なのか陰毛なのかはっきり区別できなくなってくる。要するに、合法なのか違法なのかの判断は、法律で定義されているのではなくて、人がしているのだと思う。だとしたら? 「ヘア解禁」どころか、いずれ「全面解禁」という事態になっても不思議ではない。

 法律で規制しなければならないのは、「見せてよい範囲」ではなくて、「見ていい人と悪い人」だろう。この辺はアメリカの方が合理的だと思う。暴力や性の描写については、未成年にみせてはならないことを徹底している。日本の場合この部分は無法地帯に近い。でも、政治家が、その分野の法律の整備に着手することはないだろう。外交やら少子化やら何やらで、やらなくてはならない仕事が山ほどあるところに、ポルノ関係の法整備をしようとする国会議員が現れたら、その人は「助平」の烙印を捺され、次の選挙は落選確実である。

 たぶん、国会で「見せてよい範囲」を緩めようとする動き、つまり規制を緩和しようとする動きは起らないだろう。だから、成人向けの雑誌やらDVDやらの業界は、少しずつ少しずつ隠す範囲を狭めていく。気がついたときは全面解禁。そのときに、多分、政治家たちは、駅の売店でヌード雑誌を売ってはならないとか、青少年の目に触れないようなルールを作るのだろうか。規制を強める法律ならできそうな気がする。

ただねえ・・・。成人向けの動画をネット配信している会社ってのは、現時点でも結構あるわけで、サーバーが海外にあれば、違法にはならないらしい。現実問題として日本のアダルトビデオのメーカーが海外に進出してそこから映像をネット配信したら、もう日本の法律なんか関係ないことになってしまうではないか。なぜそれをやらないかと言ったら、その国の言葉やら法律に詳しい人材がいないとか、そんなささいな理由なんじゃないかという気もする。

(余談)胸を見せてもいいけど、性器を見せてはいけないというルールがどうしてできたのか。勝手な想像をすると・・・。昔、子供を連れた母親が、公共の場所で子供にお乳を飲ませるなんて光景は、普通に見られたらしい。今はほとんど見ることはないが、うちの姉はバスの中でやっていた。ということは、胸を露出することは猥褻であると規定するのは無理があったのだと思う。つまり大衆の認識がそうさせなかったのだと思う。しかし。子供が泣いたからと言って、「よしよし、これがお前のふるさとだよ」と言って性器を見せる母親は古今東西いないだろう。ふるさとをみて安心して泣き止む子供もいないと思う。だから性器はだめなのだ。
 では、お尻は? 相撲取りがいる。彼らは、常に尻を出して仕事する。男が出していいなら女だって出してよい。ということで、胸とお尻はOK、性器はNGということに落ち着いたのだろう。
 なお、以上は私の勝手な想像なので、鵜呑みにしないでいただきたい。


ピーピング・トム [アダルト]

 今日、部屋を片付けていたとき、あるカードを発見。バレンタインデーにもらったGODIVAのチョコレートの箱の中に、「ゴディバの由来」というカードが入っていた。そこに、社名の由来が書いてある。

■11世紀のイギリス。コベントリーに住む人々は、領主レオフリック伯爵の課す重税に、たいへん苦しんでいました。それを知った領主の妻レディ・ゴディバが税を軽くするよう申し出ると、伯爵は ”おまえが一糸まもまとわない姿で町中を廻ることができるのならそうしよう” と答えました。美しいレディ・ゴディバはたいへん悩みました。しかし、とうとう精霊降臨祭の次の金曜日に、白馬に乗って町を廻ったのです。人々はレディの強い自己犠牲の心根にうたれました。レディ・ゴディバの優しい心、そして自己犠牲の精神をたたえ、社名にゴディバの名をいただきました。

 これを読んだとき、「あれえ? この話、ピーピング・トムの話にそっくりだ」と思った。このカードは、いつか調べてみようと思って保存しておいたのだ。今日、ウィキペディアでキーワード「ピーピング・トム」で検索したら、やっぱり、その通り。街を廻るセクシーな絵画まで載っていた。

■「ピーピング・トム」 イングランドに伝わるゴダイヴァ夫人(en:Lady Godiva)の伝説に基づく。11世紀のイングランド、ロンドン近郊のコヴェントリーで、領主である夫、オフリックの苛斂誅求を戒めるために、ゴダイヴァ夫人は全裸で馬に乗り、市内を行進するという。共感した市民たちは、窓を締めきって彼女を見ないこととした。しかしトムという一人の男がこっそり夫人の裸身を覗き見たために、神罰を受けて失明したという言い伝えがある。ゴダイヴァ夫人は実在の人といわれ、コヴェントリーには銅像がある。ベルギーのチョコレートメーカー「ゴディバ」の社名及びシンボルマークはゴダイヴァ夫人からとっているのは有名である。日本で同意の俗語に、出歯亀(でばがめ)がある。

 子供の頃、学校の先生からピーピングトムの話を聞いたとき、結構笑ったものだった。のそき犯罪ってやっぱり人間として恥ずかしいことだと思う。痴漢だとかのぞきなんてのは、他の犯罪と比べて、恥の質が違うような気がする。スカートの中を盗撮した有名人が、あっという間に職を失うのも、うなずける話である。人間としてあまりにもチンケじゃないだろうか。現金輸送車を強奪した三億円事件と、スカートの中を盗撮することと、犯罪としてどっちが重罪かと言えば、三億円事件の方に決まっている。しかし、三億円の犯人は憎むべき存在であるのに対し、スカートの中を盗撮した犯人は、どちらかというと軽蔑の対象になる。あ~あ、まったくしょうがねえなあって感じ。

【蛇足】
1. 神様は、どうせバチを当てるなら、悪い領主に当てるべきである。
2. レディ・ゴディバの裸の絵を描いてしまった奴もピーピング・トムと同罪である。
3. それをネットで公開する奴も同罪である。 σ(^_^;
4. チョコレートのゴディバ社は、カードにトムの話も一緒に載せるべきである。(^o^)


ピンクチラシは嫌いだ。 [アダルト]

 ここのところ、宝焼酎「純」の35度のものを、ロックに飲むのにはまっている。これって甘味があるんだね~。知らなかった。

 さて、ブログを開設していきなり、ピンクチラシみたいなコメントが来て、参ってしまった。セックスがどうだこうだと、まあよくいうよ。こんなもんすぐ削除。
 
 子供の頃の話なんだけど、ドリフターズの「8時だヨ!全員集合」って番組があって、土曜日の夜8時を毎週楽しみにして見ていた。当時のお笑いといえば、ドリフか、コント55号。こんな話をしているとだんだん年齢がわかるかもね。(笑)大阪の方はやっぱり吉本だったのかな。
 で、ドリフのお笑いは、今思うに、子供をターゲットにしたものだから、どうしてもわかりやすいものが多く、そのギャグの中には、うんことかおしっことか、つまり下品なものも多く含まれていた。僕の親父はこの番組が大嫌いだった。「くだらない」と一言で切り捨てた。今の僕だったら、同じことを言うだろう。まあ、要するに子供向けの番組だったのだ。

 で、時と場所をわきまえずに、セックスだのなんだのと言うのは、うんこだのおしっこだのと人目もはばからずに言う子供に似ていて、どうも好きになれない。要するにガキっぽい下品さを感じるのだ。だからピンクチラシは嫌いなのだ。性的な楽しみは、大人なら誰でも楽しむ権利がある。そのために性風俗産業がある。でも、性風俗の店のサイトは、ロコツに下品な言葉を使わない。やはりそこには大人としてのマナーがある。秘め事というのは、公の場でロコツに口にするものではない。上手にオブラートにつつんで表現するのが大人というものではないだろうか。
 


アダルト ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。