So-net無料ブログ作成

木曽駒ヶ岳~宝剣岳~空木岳に登る(7) [登山]

【エピローグ】

 木曽殿山荘の食堂に、「日本100名山の全山制覇を、空木岳を最後にして達成した人」の写真がいくつか飾ってあった。

 これを見て思った。まず「空木岳って日本100名山だったのか」ということ。(登山地図にもちゃんと書いてあるのに)それから「空木岳を最後に達成するという人がこんなにいるというのはどういうことなのか」ということ。空木岳っていうのは、登りにくい山なのだろうか。登りにくいがゆえに、後回しにされがちなのだろうか、なんて考えてしまった。

 少し話が逸れるが、今回行った木曽駒ケ岳、宝剣岳、それから空木岳の中で、一般的な知名度としては木曽駒ケ岳が圧倒的に高いと思われる。何しろ登山をやらない頃から僕自身も知っていた。旅行会社がツアーを盛んに宣伝するからだろう。つい最近も、通勤の最寄りの駅で、千畳敷カールのお花畑の広告写真を見た。

 残念ながら木曽駒ケ岳は観光地化が進み過ぎたように思う。何というか、山っていうのは俗世間からある程度離れていないと山という感じがしない。「そういうお前もロープウエイを使ったではないか」と言われたらおしまいなのだが、それでも敢えて言うなら、全部の山が高尾山みたいになってしまったら世も末である。(注1)

 金さえかければ登山道はどんどん整備されていく。「最近の槍ヶ岳の頂上にはハシゴが掛けられているんだってよ。アホらしい」と昔、ハシゴのない時代に槍ヶ岳に登った人が言っていた。(注2)本当に木曽駒ケ岳に登山家らしく登ろうとする人なら東西につけられた登山道から頑張って登ると思うが、それでも山頂に着いた途端に人がうじゃうじゃいてズッコケるのではないだろうか。

 ・・・いささか悪口を書きすぎた。まあ、それとは対照的に空木岳は素晴らしかった。やはり登りにくいせいなのか、俗から離れた山らしさ満点である。木曽殿山荘のところから伸びる岩稜はスリル満点で楽しかったし、頂上に着いたときの爽快感や眺望の良さは「素晴らしい」の一言に尽きる。思い出に残る山行になった。

 下の写真は、山小屋で買った記念バッジ。
0A.jpg


*****
(注1)ちょっとだけ視点を変えると、次のように考えることもできる。今回の3日間の行程を考えるとロープウエイ無しではもう1日必要だった。空木岳まで回って帰るためにロープウエイは役立った。ロープウエイのおかげで、登りにくい空木岳が、登りやすくなったということにもなる。でも、それだったら空木岳の方にロープウエイを掛けちまえって? キリがないか。

(注2)昔、播隆上人が槍ヶ岳を開山したときに、すぐに安全のための鎖をつける算段をしたことが、新田次郎の小説「槍ヶ岳開山」に書かれていた。こうしてみると江戸時代から既に登山道の安全整備は意識されていたようだ。でもまあ鎖や梯子をつけるところまではいいとしても、ロープウエイとかケーブルカーのようないわゆる「交通機関」まで導入してしまうと、そこの雰囲気はガラリと変わってしまう。安全や利便と引き換えに失うものがあるということである。

【蛇足】
 富士山の5合目まで富士スバルラインという道路が通っている。この道路のおかげで、誰でも富士山に簡単に登れるようになった。それだったら、あとは山頂までロープウエイやらリフトやらを掛けてしまったらどうなの? という話にもなる。金にものを云わせれば大抵のことはできる。エベレストの頂上にヘリポートを作ってシャトルヘリを飛ばしたらどうだろう。だれでも世界最高峰に手軽に行けるようになる。こうなったら人は考え込むだろう。「人はなぜ山に登るのか」って。


nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 3

青い森のヨッチン

槍ヶ岳開山、私も読みました。
地元の八甲田の酸ヶ湯温泉では棟方志功デザインのバッチが今も売られているようです。
3つのバッチはどれも趣があってよいですね。
by 青い森のヨッチン (2018-08-20 08:02) 

ひぐらし

青い森のヨッチンさん。棟方志巧の八甲田山のバッジ、ネットで見ました。もしかしたら有名になる前にデザインしたものなのかもしれませんね。登山のバッジのデザインを棟方志巧にやってもらえるなんてすごいですね。こんな話を聞くとそれだけで八甲田山に行ってみたくなります。

by ひぐらし (2018-08-20 22:25) 

青い森のヨッチン

ひぐらしさん
棟方志功は酸ヶ湯温泉で湯治をよくしていたようなのでそんな縁があってのこのバッジだと思います。
私もまだ持っていないのですが最近メディアによく出ているので在庫を確認してから行こうと思っています。
by 青い森のヨッチン (2018-08-21 11:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。