So-net無料ブログ作成

ロボット大回転レストア(23) [ロボット大回転]

【二郎B】【肩でグリスが固着】

 足の修理が終わって、あとは問題なしと思い、ボディを組んで動かしてみたところ、肩に大きな問題があることがわかった。腕を回転させると、肩をすぐに脱臼(注1)してしまい、どうにもならない。

 詳しいことは、追って書くが、いずれにしても腕の分解は不可避になった。それで肩カバーを外しにかかったのだが、ここでさらに問題にぶち当たった。プラスチック同士が癒着を起こしていて、カバーが簡単に外れない。ドライバを突っ込んだりして無理やりこじ開けたが、やっているときに、フックのところが割れてしまった。
01.JPG
02.JPG

 中を見ると、ここに塗ったグリスが、プラスチックを溶かしてしまって、接着剤みたいに固着しているようだ。プラスチックに塗るグリスは、当然プラスチックを侵さないものを選定しなければならない。とはいえ、製造から50年経過している。このおもちゃの動作を50年保証しろと言っても、それは無理があろう。グリス屋さんの立場にたっても10年くらいは大丈夫だと言えても50年となると保証はできないだろう。
03.JPG
04.JPG

 例えば、当時、トミーでこれの設計をしたのが30歳の若手エンジニアだったとする。その人がその後30年バリバリ働いて、60歳で定年を迎え、年金生活を20年して80歳。50年とはそういう歳月である。でも作った人は老いても、玩具はそのまま生き続ける。もしかしたら、こんな現象(50年目のグリスの固着)がみられるのはビンテージ玩具ならではのことなのかも知れない。

 なお、グリスで汚れた部品は、洗浄したり、有機溶媒で拭いたり、研磨剤でこすったり、ワイヤーブラシで磨いたりして、だいたい綺麗になった。(組立のときに写真を掲載する)

***
(注1)ボディ側にカム、腕側にカムフォロワーがついていて、これが噛み合っていて、腕が回転するのと同時に伸縮する。このカムとカムフォロワーの噛み合いが、外れてしまうことを、このシリーズでは簡単に脱臼と呼ぶことにした。この現象はこのロボット特有の弱点だと思っている。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。