So-net無料ブログ作成

三浦マラソン(2) [マラソン]

(つづき)
【レース】
 自宅を7時に出発し、京急の三浦海岸駅に8:33に到着した。支度をし、荷物を会場にある有料の預かり所に預けた。無料の荷物置き場(地元の小学校の体育館)もあって、こちらは昨年使ったが、男子用は会場からだいぶ離れた場所にあって、使い勝手があまりよくない。有料であっても浜辺にあるほうがいい。ちなみに女子用は会場の比較的近くにあって、こちらはさほど問題はなさそうである。ハーフのスタートは9:37。花火が鳴った。スペシャルゲストの高橋尚子さんがDJのやぐらの上から「頑張ってね~~」と激励してくれている。それだけでなんか楽しい気分になってきた。

 走り始めてすぐに左膝に違和感を感じた。練習のときは、走り終わったあとに来た痛みが、今回は、走っている真っ最中に来てしまった。このあと、次第に右膝も痛み始めた。8km地点の城ヶ島大橋。昨年は良く晴れていて、ここからの海の眺めは素晴らしかったが、今回は天気が悪くて残念。城ヶ島には和太鼓の演奏団がいて、ドンドコドンドコ太鼓をたたいて、ランナーを励ましてくれる。なお練習のときは、エネルギー補給(バナナ)をしたのは折り返し地点だったが、本番の折り返し地点(城ヶ島の中にある)は停止できるような場所ではなく、出来なかった。とりあえず補給せずに、そのまま行けるところまで行こうと思った。

 城ヶ島を出て橋を渡ったあたりに中間地点があり、ここにスタートからのタイムが表示されている。僕が通過した時、タイムは1時間04分だった。だいたい、いつもと同じペースだ。今回は運悪く、走っている最中に電池切れで時計が止まってしまって、自分のペースがわからず、ちょっと不安だったが、時計があろうがなかろうがランニングってのは毎回だいたい同じタイムになるらしい。(だから時計は要らないという話にはならないが)

 17km地点。昨年、ランニングが止まってしまった地点である。疲労がピークになったので、用意しておいたゼリーで腹ごしらえをした。そしたら効果てきめん! まるでポパイがほうれんそうを食ったように急に元気になってしまった。♪ ポパイ、ザ、セ~ラ~マ~ン!♪ アニメのあの音楽が頭の中に鳴り響いて、自分でおかしくなった。(しかし、あの音楽を知っている人も、もう少ないかも知れないな)

 補給が終わってランニングを再開した途端に、膝に激痛を感じた。これはもう、あまりもたないかも知れない。膝に抱えた爆弾は、この次に止まったら爆発すると思って走った。(以前、そんなパニック映画があったような) とにかく、ここから先は前進あるのみ。必死に腕を振って足を動かした。

 沿道の人が、「もうすぐゴールだよ~」と励ましてくれる。これはありがたい。息が上がってしまってお礼が言えないのがもどかしい。ゴール地点ではQちゃんがハイタッチで出迎えてくれた。感動。タイムは2時間14分。昨年と比べたらこのうれしさは天国と地獄である。ちなみに姉は2分遅れて2時間16分でゴールした。

 ゴールしたあと、2時間20分の制限時間が過ぎたあとで何がおこるのか、気になったのでずっとDJに耳を傾けていた。時間になったら、DJは「みなさん、お疲れ様でした、どうもありがとうございました」と挨拶し、ゲストのQちゃんもそのように挨拶し、まるでラジオの番組が終わるように大会が終わったのだった。ああ無情。(いや、そんなこと言っちゃいけないよね。道路の封鎖を解除しなければならないんだから)

 下の写真は完走証。
01.jpg

(つづく)
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 2

るるぶぅ

三浦国際市民マラソンお疲れ様でした!やはり辛かったのですね!でも、ブログは面白かったです。天気は雨が降らなかったからまだよかったですよね。今度ゼリーのメーカーを教えてください。私もポパイになりたいです。(笑)
by るるぶぅ (2012-03-08 21:59) 

ひぐらし

るるぶぅさん、こんにちは。ゼリーは、普通のドラッグストアに売っていた3個200円のものを買いました。特にブランドにこだわって買ったわけではありませんが、敢えてメーカーを言うと日本薬剤株式会社、商品名は「ファイトマンゼリー」というものです。
 まあ要するに体に限界が来ているときは何でも効くということではないでしょうか。
by ひぐらし (2012-03-10 04:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。