So-net無料ブログ作成

沢田富美子さんのこと [テレビ]

2.jpg

 滅多にテレビを見ない僕が、珍しく火曜日の夜にテレビをつけた。そしたら、日本テレビで「魔女たちの22時」という番組をやっていた。過去につらい人生を送ったが今は幸せにしている女性を集めて紹介する番組らしい。番組の中の前振りで、「元アイドル歌手で、引退後に投資家に転身して大成功を収めた人」が出ることを紹介していて、つい引き込まれてしまった。

 80年代のアイドル。毎日2~3時間の睡眠で休みなく働いても、月給は7万円。結局、売れないまま引退。その後、結婚したが、妊娠中に夫が癌を発病。出産後に死別。あまりのショックに、夫の幻覚をみるようになり、自殺まで考えたが、子供の笑顔を見て正気に戻り、シングルマザーとして頑張り始めた。

 彼女は、夫と、かつてよくデートした思い出の場所に土地を買った。この土地が後に開発されて地価が急上昇。それ以来、不動産投資を勉強し、今では、資産10億を超える長者になったという。さてそれは誰? 出てきたのは沢田富美子さん。 え~~~!  この人だったのか。

*     *     *

 最近は、歌謡曲を聴くことは無くなってしまったし、大勢いるアイドル歌手は誰が誰だか区別もつかないが、高校生の頃は、人並みに聴いていた。当時、僕は渡辺プロダクションの「タレント友の会」というのに入っていて、情報誌が毎月送られて来た。その情報誌で沢田富美子さんのデビューを知ったのだった。かわいい人だった。

 僕の家にはレコードを聴くためのステレオのセットがなかった。だから、レコードを買うと、中学校の頃の部活の先輩の家に遊びに行き、これをカセットテープに録音させてもらっていた。彼女の2枚目のシングル(上の写真)が気に入って買ったときも、この先輩の家に行った。そのとき、先輩が言った「この人どうして売れないんだろうね」という言葉を今でも覚えている。

 確かに。あの当時のアイドル歌手って、見た目が最優先だった。彼女の容姿から言って、売れないはずがない。歌唱力だって悪くない。先輩の言葉にはそういう意味が込められていたことはよくわかったし、僕もそう思った。でも、彼女の出る番組を捜そうとして、新聞のテレビ欄を観ても、なかなか見つからない。彼女がテレビで歌っている姿を見た記憶がない。もともと僕はテレビをあまり観ない方だったが、そんな人間でも、街で音楽なんかいくらでも流れているから、何が流行しているかくらいはわかるものなのだ。でも、彼女に関する情報は、ナベプロタレント友の会の情報誌のみ。

 そして、いつの間にか、彼女は芸能界からいなくなってしまった。歌手として成功できる人は、大勢のうちのほんの一握りである。そんなことはわかっている。しかし、彼女が、シングルをわずか3枚出しただけで消えてしまうような歌手であったとは到底思えない。そのことに対して、何か釈然としない、理不尽なものを感じていた。なぜなんだろう。彼女自身よりも、むしろプロデュースする側に問題があったような気がしてならなかった。

 でも、今、そのことを詮索しても始まらない。その人の容姿とか、歌唱力とか人柄といった、本人の素質の他に、その時代の人たちの求めるもの、ライバルの存在、作曲家、作詞家、プロデューサーとの縁など、外的な要因も、みな成功できるかどうかに深く関わってくるのだと思う。彼女はそうした縁に恵まれなかった。そう考えるしかない。

*     *     *

 そうか。彼女、元気にしてたんだ。いや元気どころではない。絵に書いたようなサクセスストーリーではないか。昔の疑問が吹っ切れた。この人は、歌手で成功しなかったけど、別の才能を生かすべき人だったんだ。結婚、妊娠、出産という、普通の夫婦だったら幸せの絶頂であったはずのときに、夫と死別した。その絶望感は、想像を絶する。でも、神様は見捨てなかったんだね。よかった、よかった。

nice!(0)  コメント(1) 

nice! 0

コメント 1

FBMAN

日刊スポーツ「気になリスト」に沢田富美子さんが掲載されてました。
ネットでも見れるようです。

あとSony Music Shopのオーダーメイドファクトリーに
「沢田富美子イン・コンサート 素顔の青春」
が\3,240で予約受付中ですよ♪

これはファンクラブ限定のカセットテープだった幻のアイテムが、CDとして復元されるという超貴重な機会です!
by FBMAN (2013-12-29 10:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。