So-net無料ブログ作成

ンジャメナしりとり [日本語]

 子供の遊びで「しりとり」ってのがあって、誰しも一度くらいはやったことがあると思う。僕の甥が幼い頃、しりとりが大好きで、僕が帰省するとよく「おじちゃん、しりとりやろう」とせがまれたが、最近は中学生になり、そういうこともなくなった。
 しりとりというのは、そもそも、ボキャブラリーの貧困な子供がやるから面白いのであって、大人がやるといつまでたっても終わらない。しかも勝っても大して嬉しくもなく、負けても大して悔しくもなく、所詮は子供の遊びなのである。

「おじちゃん、しりとりやろう。僕から行くよ。『しりとり』 はい、次おじちゃん」
「りす」
「すいか」
「かまきり」
・・・・・・・・・
以下延々と続くのが従来のしりとりであった。

 しりとりのルールで、「ん」が最後についた言葉を言ったら負け、というのがあって、これは日本語の単語の中で、「ん」が最初につく言葉がなく、ゲーム続行不可能になるからであるが、これを悪用するとゲームを速攻で終わらせることができる。「ん」のつく言葉を、さっさと言ってしまえばよいのである。

「おじちゃん、しりとりやろう。僕から行くよ。『しりとり』 はい、次おじちゃん」
「リンパ腺」

これで、面倒な遊びは終わりである。しかしこれでは、子供に対してあまりにも冷たい。たまにこういうこともやったが、甥は不服そうな顔をしていた。(笑)

 さて、アフリカのチャド共和国の首都で「ンジャメナ」というところがある。アフリカの言葉にはまったく知識がないが、独特の発音をする言葉なのだろう。この言葉をしりとりで使ってよいものとするとどうなるか。

「おじちゃん、しりとりやろう。僕から行くよ。『しりとり』 はい、次おじちゃん」
「リンカーン」
「ンジャメナ」
「ナポレオン」
「・・・」
 同じ言葉は二回使えないからここで、ゲームオーバー。つまり、まず、「ん」のつく言葉を最初に言って、リーチをかける。次に、「な」で始まって「ん」で終わる言葉でたたみかければ、勝ちになる。このパターンでは、みんな慣れていないから、そう簡単に言葉が見つからない可能性がある。「ん」で終わる言葉を意識的に言うのは結構むずかしいと思う。従来型の延々と続くしりとりに比べれば、大人も多少は頭を使うので、そこそこ楽しめるのではないだろうか。飽きてきたら、「ん」で始まる言葉を入れ替えてみる。「んが!」とか「んげ!」とか「んなろう!」とか意味のない言葉でよいから無理矢理作って、使ってよい言葉の中に入れてみたら・・・。

 ゴールデンウイークに帰省したとき、小学生の姪にせがまれたらやってみようかな。(子供と遊ぶときは、大人も本気で遊ぶのが何よりの愛情、そのための方法を考えるのは大人の役割なんだろうな、などと子供のいない立場で想像したりする)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0